FP2級試験の出題6科目を見てみよう

FP2級の学科試験は6つの分野から出題されます。これらの総合的な金融知識が身につくと、お客様の家計の財政の課題やライフプランの提案に十分お応えできるスキルが身につきます。その6分野の要点をみてみましょう。

◆1.「ライフプランニング資金計画」

お客様の生涯の生活設計(ライフプラン)を作成するために必要な、知識や技法を学ぶ科目です。主に学習の内容は、「社会保険と年金」、「教育資金」、「住宅資金とローン」、「退職後の生活設計」のことなどです。
◎ライフプランの作成
ライフプランの必要性や意義を学び、ライフイベント表やキャッシュフロー表、またバランスシートの作成などができるようになるスキルを磨きます。
◎住宅ローン一般の知識
ローンの繰り上げ返済プラン作成のための知識とスキルを身につけます。公的ローンや民間ローンの種類・特長の把握もポイントになります。

◆2.「リスクと保険」

病気やケガ、事故など、万が一の事態に備える生命保険や損害保険を把握する分野です。そのため「リスクと保険」では、生命保険や損害保険それぞれの多様な専門用語と商品の仕組みを勉強します。
その上で保険の提案ができるようになるために、保険料・保険金と税金の関係などを学んでいきます。

◆3.「金融資産運用設計」

株式や投資信託など積極的な投資・運用をサポートするための科目です。これら投資型の金融商品は、利益や損失がその時々の経済・金融動向に大きく影響されます。
そのため、経済・金融の大きな流れについての論理的な理解が、FP2級技能士には必要となるわけです。
「金融資産運用設計」では、貸付信託や中・長期国債などの貯蓄型商品や財形貯蓄制度の仕組みなど、貯蓄型金融商品についても学びます。そして株式や投資信託など利益と同時にリスクも伴う金融商品について学んでいきます。
大切なのは安全な投資を第一に、お客様に決して損をさせないこと。それらの危機管理感覚も身につく学習が期待できます。

◆4.「タックスプランニング」

この分野は誰にとっても身近に感じられるでしょう。「タックスプランニング」で学習する内容は、所得税、法人税、住民税、消費税などです。なかでも中心となるのが、個人の所得に対する税金である所得税です。
会社にお勤めですと所得税は給与から自動的に天引きされるため、その仕組みを詳しくご存知の方はそんなにいないのではないでしょうか。
タックスプランニングでは、所得税の計算の仕方について、原則的な方法と特例方法などについて棲み分け学んでいきます。そのため税金対策の方策などについても視野が広がるのがこの科目です。

◆5.「不動産運用設計」

「不動産運用設計」では、不動産運用に必要な基礎知識や、不動産の権利関係・登記簿の読み取り方、土地の評価、不動産の売買取引や賃貸契約の実務知識、不動産に関わる規制法規などについて学びます。これらの知識があると、たとえばお客様のマイホーム取得の計画支援の場面で、その資金や住宅ローン、取得にかかる税金にどう対処すべきかなどの提案ができるようになります。

◆6.「相続・事業継承」

「相続」という民法の法令にそって、相続の規定や相続税などについて学びます。
「相続とはどういうものか?」「相続税にはどんな税金があるのか?」「遺言の作成方法とは?」など、普段の生活ではあまり触れることのない事柄を勉強することになります。
お金にまつわる法律について視野の広がる科目です。