FP技能士、AFP・CFPを整理してみる

ファイナンシャルプランナー(FP2級等)の試験制度は少々複雑です。
初めてFP資格を目指す方が戸惑ってしまうのは、
(1)FP資格には、国家資格と民間資格の2つある。
(2)試験団体が「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2つある。

ことによります。

同内容の資格を複数の試験団体が提供する傾向は、システム系、簿記、色彩検定などの資格などにもあります。どの資格をめざすべきか(つまり取得後、どの団体のどの資格が仕事に活かしやすいか)は、慎重に検討したいところです。

それでは、ファイナンシャルプランナー(FP)の試験制度を整理してみましょう

国家資格としてのFP資格は「FP技能士」と呼ばれています。これには1~3級までがあり、日本FP協会と金融財政事情研究会(通称金財)のどちらも実施しています。
民間資格としてのFP資格は「AFP」、「CFP」と呼ばれており、これらを実施しているのは「日本FP協会」のみです。

  国家資格 民間資格
日本FP協会 FP技能検定(1級、2級、3級) AFP、CFP
金財 FP技能検定(1級、2級、3級) ×

日本FP協会のAFP、CFPについてですが、これは噛み砕くと、
「FP2級とAFP」がセット、「FP1級とCFP」がセットといえます。

さて両団体の棲み分けに触れておきたいと思います。金融財政事情研究会のFP試験は、団体名からも想像できるとおりです。金融業界のなかでも主に銀行員が取得する試験であると把握しておけばまちがいありません。

一方の日本FP協会の受験者層はそのほか幅広い分野の職業人を網羅しています。銀行はもとより、生命保険会社、損害保険会社、証券会社、またフリーでFPとして活動する方など多種多様です。例年の受験者数も、日本FP協会の方が多く受験されている動向があります。

また日本FP協会、金財のどちらの資格にも言えることですが、一般的に実務に活かせるレベルはFP2級以上だといわれています。

AFP資格についてですが、これは民間資格ではありますが、社会的評価も高くネームバリューもあります。名刺に「2級FP技能士」「AFP」の2つが刻まれていれば、特にフリーで仕事をする方の場合は、お客様の信頼度も抜群です。

再度整理をしてみますと、国家資格の2級FP技能士と民間資格のAFPの両方の取得をめざす方ですとコースは自動的に、日本FP協会の2級試験という答えになります。