FP2級対策は“効率重視”が基本

一般的に「さほど難しくない」「受かりやすい」と言われるFP2級ですが、実際に勉強をスタートしてみると、その幅広い試験範囲に驚かされることと思います。
ライフプランニングに不動産、税金に保険・・・、比較的生活に密着したなじみの深い話題ばかりとはいえ、本格的に試験対策をしようと思えばなかなか簡単ではありません。


 FP2級合格を目指す上で大切なのは、「あくまで出題されるポイントのみに注目すること」です。完璧を目指そうとすれば、絶対にうまくいきません。そもそも、試験日までの限られた時間の中であの膨大な試験範囲を完璧に習得することなど、不可能に近いことです。実際、「すべてを完璧に」と意気込んでFP2級試験に臨んだ受験生の多くは、その大変さに途中で挫折するか、もしくは試験範囲をまんべんなく学習することが出来ずに結果をだすことが出来ない、といった失敗に陥っているようです。よって、これからFP2級試験対策をスタートされる皆さんは、くれぐれも完璧主義にこだわるのは止めましょう!


 しかしながら、たとえ出題される箇所のみに的を絞ると言っても、ピックアップされた覚えるべきポイント自体が間違っていたら、到底合格など狙うことは出来ません。大切なのは、「効率良く、正しい試験対策」。出題傾向がしっかりと分析された教材で、適切な指導のもと学習していくことにこだわる必要があります。その意味で、教材選びから実際の学習までを一人でこなす独学受験は無謀であると言えます。


 覚えるべきポイントが絞られれば、その分ムリ、ムダのない学習を目指すことが出来るでしょう。完璧主義な試験対策は、しんどいだけで結果に結びつきにくいもの。せっかくの勉強が自己満足に終わることのないよう、くれぐれも気をつけましょうね。