カテゴリー別アーカイブ: 勉強方法について

shutterstock_549656056

FP2級対策に必要な学習時間

FP2級対策に必要な学習時間


さて、前ページでは「FP2級試験は時間がなくても合格できる」「朝の時間やスキマ時間を積極的に活用すること」と言いましたが、とはいえ、受験生にとっては合格までにどの程度の時間を想定しておけば良いのか、気になるところだと思います。
FP2級合格に必要な学習時間を把握した上で、日々の計画を立てることは大切なこと。合格までに要する時間数は人によって異なりますが、ここでは一般的に必要とされる勉強時間の目安をご紹介しておくことにしましょう。


 FP2級試験対策に必要な学習時間は、概ね「300時間」程度であると言われています。これは一般的な数字であり、すでに他資格の取得などで知識があれば少し短縮できるはずですし、極度の苦手があれば時間数は増やす必要があると思います。ここではあくまで一般的な話をしたいので、「300時間」を基準に考えていくことにします。
この300時間の学習は、1日2時間ずつコンスタントに勉強すると想定すれば、ほぼ5ヵ月で達成可能な数字です。もちろん、休日にまとまった時間を確保できる方であれば平日は減らす等の調整をしながら、自分のペースで進めていけば良いでしょう。


 1日2時間をこれから5ヵ月間続けること、いかがでしょうか?皆さんにとっては無理な挑戦でしょうか?
具体的に考えてみなければ「資格の勉強なんて大変そう」「そもそも時間がないし」と思いがちですが、こうして1日の学習目安や必要な対策期間が明らかになれば、「なんだ、自分も意外にイケそうだ」と思えるのではないかと思います。
前向きに考える、という意味でも、やりたいことに対しては実現する方向で、具体的にプランニングしてみる癖をつけると、“思い込みからの諦め”を防ぐことができるのかなと感じます。FP2級試験対策に限った話ではなく、物事すべてにおいて大切になる思考ですね!



shutterstock_1029905911

忙しくても勉強を続けるためには?

忙しくても勉強を続けるためには?

FP2級試験に挑戦される受験生の大半は、おそらく社会人として日々忙しく過ごされている方達だと思います。学生時代の様に時間にゆとりがないからこそ、意識的に時間を作っていく姿勢が求められるもの。とはいえ、1日は24時間と限られていますから、毎日何時間もたっぷり時間をかけて、とはいかないのが現実です。日々忙しく、思う様に学習が進まなければ、徐々に試験対策に対するモチベーションが低下していきがちになるでしょう。「忙しいから資格なんて無理」と諦める受験生は後を絶ちませんが、時間がないという理由だけでせっかくの目標をダメにしてしまうのはとてももったいないことだと思います。


 毎日何かと忙しいFP2級受験生が注目すべきは、「早朝の時間」と「スキマ時間」です。例えばいつもよりも1時間早く起床して、誰にも邪魔されない静かな時間を確保できたとしたら、単純に「学習時間を1時間多く確保できた」という実績と共に、「いつも以上に集中して実りある学習時間を過ごせた」ことになるでしょう。夜の時間帯はどうしても予定が入りやすいですし、身体的にも疲労がたまっているものですが、朝であれば予定を組みやすく、頭がフレッシュな状態で学習に臨めるのでオススメです。

また、いつもは何気なく過ごしていた通勤時間帯や休憩時間、リラックスタイムなどのスキマ時間を少しずつ学習にあてることで、学習を進めることも可能だと思います。5分10分のちょっとした時間も、1日トータルで考えれば1時間ほどにはなるかもしれません。短い学習時間は、一問一答や単語チェックなど集中力を要する試験対策に適していますから、活用しない手はありません。


 「時間がないから」と資格試験を諦めるのは、はっきり言って“逃げているだけ”です。FP2級は、時間のない方でも取り組み方によっては確実に合格を目指すことの出来る資格。だから、言い訳はもうやめましょう!


shutterstock_1090441745

FP2級対策は“効率重視”が基本

FP2級対策は“効率重視”が基本

一般的に「さほど難しくない」「受かりやすい」と言われるFP2級ですが、実際に勉強をスタートしてみると、その幅広い試験範囲に驚かされることと思います。
ライフプランニングに不動産、税金に保険・・・、比較的生活に密着したなじみの深い話題ばかりとはいえ、本格的に試験対策をしようと思えばなかなか簡単ではありません。


 FP2級合格を目指す上で大切なのは、「あくまで出題されるポイントのみに注目すること」です。完璧を目指そうとすれば、絶対にうまくいきません。そもそも、試験日までの限られた時間の中であの膨大な試験範囲を完璧に習得することなど、不可能に近いことです。実際、「すべてを完璧に」と意気込んでFP2級試験に臨んだ受験生の多くは、その大変さに途中で挫折するか、もしくは試験範囲をまんべんなく学習することが出来ずに結果をだすことが出来ない、といった失敗に陥っているようです。よって、これからFP2級試験対策をスタートされる皆さんは、くれぐれも完璧主義にこだわるのは止めましょう!


 しかしながら、たとえ出題される箇所のみに的を絞ると言っても、ピックアップされた覚えるべきポイント自体が間違っていたら、到底合格など狙うことは出来ません。大切なのは、「効率良く、正しい試験対策」。出題傾向がしっかりと分析された教材で、適切な指導のもと学習していくことにこだわる必要があります。その意味で、教材選びから実際の学習までを一人でこなす独学受験は無謀であると言えます。


 覚えるべきポイントが絞られれば、その分ムリ、ムダのない学習を目指すことが出来るでしょう。完璧主義な試験対策は、しんどいだけで結果に結びつきにくいもの。せっかくの勉強が自己満足に終わることのないよう、くれぐれも気をつけましょうね。

shutterstock_1491910001

AFP取得を前提とする学習法

AFP取得には研修修了が必要。さてどうしましょう?

ファイナンシャルプランナー(FP2級)の試験にかぎらず、資格の試験対策には3つの勉強方法があります。それは、

(1)資格の専門学校へ通学する
(2)通信講座を利用する
(3)独学で勉強する の3つです。

どの学習法にメリット・デメリットはあり、どれがお薦めかは一概にアドバイスできないところがあります。
たとえば通学校での学びなら、カリキュラムが固定されており講師から直接講義を聞くことができますので、学習効果は非常に高いといえます。反面、受講料がかなりかかってしまう難点も否定できないところです。

さて(3)の独学ですが、ファイナンシャルプランナー(FP2級)の取得に限っては独学だけはお薦めしません。
理由は非常にはっきりしています。独学でも国家試験の「2級FP技能士」は十分合格の可能性があります。しかし民間資格のAFPは独学では絶対取得できません。AFPは認定校での認定研修を修了する必要があるからです。

つまりAFPも取得しようと思うと、どうしても通学か通信講座の利用が前提になるわけです。もうお気づきかもしれませんが、受験資格との兼ね合いの問題もあります。
どういうことかというと独学でFP2級を取得するためには、まずFP3級から受ける必要があるということです。試験制度には抗えません。そこはご了承ください。

●通学講座の利用

教室で聞く生の授業には迫力がある。講師にすぐに質問できる。授業に出ることで学習が計画通りに進む。最新の情報を学校が提供してくれる。
などなどたくさんのメリットがあります。多少お金が掛かっても最短距離でFP2級の合格を目指すならスクールを利用するのがよいかもしれません。
試験対策(勉強法)は、合格までに費やす時間と費用の相対価値を考えて決めるべきだと思います。AFP対策の研修のことも考えますと、通学はやはりお薦めです。

●通信講座の利用

費用対効果、FP2級の難易度、またAFP取得のことなどトータルに考えますと、スクール通い以上に価値のあるのが通信講座である、という言い方もできます。
メディアが発達しているいま、DVD等を使って、自宅で講義を受けるスタイルの通信講座は、ほとんど通学講座と差のないところまで来ています。

通信講座も通学校と同様に、自分で教材を選ぶ必要がありません。また最新の受験情報も送られてきます。もちろん、AFPの研修にも対応している講座がたくさんあります。
また通信講座のメディア教材は、何度でも繰り返せるメリットもあります。

受験制度が複雑なFP2級(AFP)試験において、管理人が最もお薦めしたい学習法が通信講座の利用です。