wpadmin のすべての投稿

shutterstock_1253826118

FPの試験制度

FP技能士、AFP・CFPを整理してみる

ファイナンシャルプランナー(FP2級等)の試験制度は少々複雑です。
初めてFP資格を目指す方が戸惑ってしまうのは、
(1)FP資格には、国家資格と民間資格の2つある。
(2)試験団体が「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2つある。

ことによります。

同内容の資格を複数の試験団体が提供する傾向は、システム系、簿記、色彩検定などの資格などにもあります。どの資格をめざすべきか(つまり取得後、どの団体のどの資格が仕事に活かしやすいか)は、慎重に検討したいところです。

それでは、ファイナンシャルプランナー(FP)の試験制度を整理してみましょう

国家資格としてのFP資格は「FP技能士」と呼ばれています。これには1~3級までがあり、日本FP協会と金融財政事情研究会(通称金財)のどちらも実施しています。
民間資格としてのFP資格は「AFP」、「CFP」と呼ばれており、これらを実施しているのは「日本FP協会」のみです。

  国家資格 民間資格
日本FP協会 FP技能検定(1級、2級、3級) AFP、CFP
金財 FP技能検定(1級、2級、3級) ×

日本FP協会のAFP、CFPについてですが、これは噛み砕くと、
「FP2級とAFP」がセット、「FP1級とCFP」がセットといえます。

さて両団体の棲み分けに触れておきたいと思います。金融財政事情研究会のFP試験は、団体名からも想像できるとおりです。金融業界のなかでも主に銀行員が取得する試験であると把握しておけばまちがいありません。

一方の日本FP協会の受験者層はそのほか幅広い分野の職業人を網羅しています。銀行はもとより、生命保険会社、損害保険会社、証券会社、またフリーでFPとして活動する方など多種多様です。例年の受験者数も、日本FP協会の方が多く受験されている動向があります。

また日本FP協会、金財のどちらの資格にも言えることですが、一般的に実務に活かせるレベルはFP2級以上だといわれています。

AFP資格についてですが、これは民間資格ではありますが、社会的評価も高くネームバリューもあります。名刺に「2級FP技能士」「AFP」の2つが刻まれていれば、特にフリーで仕事をする方の場合は、お客様の信頼度も抜群です。

再度整理をしてみますと、国家資格の2級FP技能士と民間資格のAFPの両方の取得をめざす方ですとコースは自動的に、日本FP協会の2級試験という答えになります。

shutterstock_1338999197 (1)

FPとは

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

FPとはファイナンシャルプランナー(Financial Planner)またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略で、ファイナンシャル(財政上)のプランナー(立案者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。

つまり、一般のご家庭などをお客様に、財政上の計画を立案するサポートをするのが、ファイナンシャルプランナー(FP)です。

●金融商品を見極める

では一般の家庭で財政の対象となるもの、つまりFP2級などのプランナーがサポートするものとはなんでしょうか。一言で言えば、それは「金融商品」ということになります。そして金融機関の商品=金融商品にはさまざまがあります。

身近なところから数え上げてみましょう。毎月みなさんの給与が振込まれる銀行の普通預金口座もひとつの金融商品です。また癌や成人病に備えた生命保険や、クルマをお持ちの方なら加入していらっしゃるはずの損害保険も金融商品です。

さらに数え上げてみますと定期預金、財形貯蓄、旅行積立などの貯蓄もの、投資信託、株式投資、国債などの投資もの、また確定拠出年金や、広い視点では不動産投資なども金融商品として捉えることができます。

以上が大まかにいえば「財産を増やす」または「将来の安全を確保する」ための金融商品ということになります。

家庭の計画的な財政には、お金の借り入れの面のケアも欠かせません。主だったものは住宅ローン、クルマのローン、またお子さんの学費の借り入れなどです。

●家庭の財政をコンサルティングし、ライフプランを提案

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、こうしたお金(財政)に関するあらゆる要素を、個人のお客様の財政事情・また将来のご希望などを詳しくヒアリング(コンサルティング)した上で、長期のビジョンで提案します。

提案のポイントのひとつは、複雑化する金融商品のリスクやリターン、税制などのバランスをお客様に代わりプロの視点で判断することです。「今、必要 な商品」と「今は不要な商品」、また「将来必要になる商品」など、一般のお客さまには、なかなか判断が難しいところの見極めを、金融の専門知識を活かして 提案するのがファイナンシャル・プランナー(FP)です。

つまり、FPとは豊富な金融知識を駆使してお客様の資産運用・生活設計についてプランニングを行う人のことです。それによりお客様やそのご家族に、財政的に安全でゆとりある生活を過ごしていただくよう、FPはアドバイザー・コンサルタントとして活躍します。